タンクを交換するメリットと注意点

ハーレーダビッドソン タンク

ハーレーはアメリカンバイクの代名詞ともいえる車種で、大型の車体と特有の形状を持つハンドルが特徴です。その巨体から走行距離も長く感じられますが、燃料タンクのサイズは同サイズの他のバイクよりも小ぶりに作られています。ハーレーの燃料タンクは楕円形をしていることからピーナツタンクの愛称で呼ばれ、ハーレーのスタイルを象徴するデザインです。しかし、ピーナツタンクは積載出来る燃料が少ないのでロングツーリングを楽しむ際は給油の残量に気を配る必要があります。

ハーレーは車体に装備されているピーナツタンクの他、交換用の大型タンクも複数の種類が流通しているので目的に合わせた容量の物を選ぶのが愛車の走行距離を増やすためのポイントです。車体の雰囲気を損なわないデザインになっているので、タンクを交換しても自然な仕上がりに保つことが出来ます。ハーレーの交換用タンクは正規ディーラーで購入するのが最も無難な方法ですが、流通している数が少ないので欲しい容量の一品が品切れになっている可能性があるので事前の確認が不可欠です。海外の販売店から個人輸入で入手する方法もありますが、品質や容量の数値には十分に注意して、信頼出来る相手と取引することを心がけます。

バイクのパーツ交換は複数のメーカーを組み合わせる手法があり、ハーレーも例外ではありません。他のバイクメーカーの燃料タンクと取り換えることで走行距離を増やすことが出来ますが、タンクのデザインはハーレーとは全く異なるので、交換する際は外観のバランスを調節することが大切です。色を塗り替えて自然な感じに仕上げるなど、タンクと車体を馴染ませるための工夫が愛車の魅力を増やすことに繋がります。