ハーレーのマフラー選び!

ハーレーを乗りこなす

マフラーはエンジンパーツの一部でありながらデザイン性やサウンドで選ばれることも多いです。交換するだけでハーレーの印象が大きく変わり、音の迫力も増してよりハーレーらしくなります。

●重低音など多数のマフラーがあるおすすめのパーツショップ→ マフラー | ハーレーカスタムパーツ通販のアンバーピース

とはいえ、役割はデザインだけではありません。そもそもマフラーはエンジンから出る排ガスを外部へ導くためのもので、音量を抑えつつも、安全な位置に効率よく排出させるかという重要な役割を担っています。
さらに、燃焼室内の熱や残留ガスをしっかり排出させて、エンジン効率を向上させる役割もあります。現在のノーマルでは吸気と排気のバルブが同時に開くオーバーラップという瞬間が設けられていないので、燃焼の時に燃え残ったガスを燃焼室内に滞らせることで燃焼温度を抑えて窒素酸化物を低減させる仕組みになっています。

サウンドにこだわるハーレーオーナーの方は多いのですが、排気音はあくまで排気の際に出力の反映されなかったエネルギーが音として出る副産物でしかありません。しかし、エキパイの「太さ・形・長さ」やサイレンサーの形状によって様々なサウンドを奏でることができるので、それがハーレーの印象に大きく関わってくるのも事実です。

サイレンサーは排気抵抗を与えて消音する役割を果たしています。大きいほど高音が打ち消されてハーレーらしい低い音がでるようになります。つまり、遠くまで届くような耳障りなキンキンした高音ではなくて、近くで体に響くカッコいい重低音になるということです。
ハーレーを購入して、まずは重低音にしたいという方は多いでしょう!

マフラーの排気音はエネルギーを捨てている音なので、音が小さいほどエネルギーに還元されているということになります。排気音は音の波長と同じで、短すぎると大きく、それより長いものになると徐々に小さく、さらに長くなると大きくなります。出力も音量に比例してきます。
性能、形状、音質などを考慮した上で、最も自分のハーレーにあったマフラーを選ぶのが何よりもオススメです。

集団ツーリング

マフラーはハーレーにとって重要なパーツ

ハーレー

マフラーはエンジンの性能を向上させるパーツです。
ハーレーのマフラー交換では、エンジンの音や見た目を重視する人が少なくありません。さらにカッコイイバイクにするためには、ヴィジュアルや音以外にも気を配ることが大切です。

マフラーは排気ガス規制や騒音規制にも影響を及ぼすパーツで、とてもデリケートで重要なパーツでもあります。

マフラーは、元々排気ガスがエンジンから排出される時に、騒音を消す役割を担っていました。
しかし、最近では、排気効率の向上にも注目が集まっています。

マフラーを選ぶ場合、性能を重視して選ぶ人もいれば、ヴィジュアルを重視して選ぶ人もいます。どこに価値を見出すかは人それぞれです。高価なパーツなので後で後悔しないように、自分がハーレーに求めていることをじっくりと考えて慎重にマフラーを選ぶことが重要です。

2001年4月1日以降に登録された車両以降は排気ガス規制の対象になっているので、注意が必要です。
車検の際に困らないように、しっかりとチェックをしておきましょう。
モデルにより数に多少の違いがありますが、マフラーは多数のブランドがありますので、選ぶ際はとても楽しいです。

重低音マフラー